人生で、初めての経験。

日常
この記事は約2分で読めます。

1週間ほど前のお話。緊急事態宣言発令中なのに、1泊2日で出掛けました。……病院に。

まずは9月1日に時を戻そう!

ストレス爆発限界おじさん、遂に自宅で精神崩壊。机に頭を打ち付け始める。……打ち所悪くて4針縫う怪我に。

その怪我自体は1週間ちょっとで抜糸して事なくを得たのですが、ストレスは溜まりっぱなし。精神科の病院にも怪我の治療や残業で行くことができず。精神科も予約の半月遅れで行けたけど、心療内科医に怒られるというレアな経験をしてしまった。

そんなこんなで、9月15日(水)。給料日なのに徒歩数分の出勤が出来なくなり、ダウン。

1年半通った精神科医とは、ケンカして行けなくなってしまったので、つてのつてを頼って隣町の電車で30分かかる所へ通う事になりました。素直に月末までの要休職診断書を書いてもらう。

素直に休むつもりだったんですが、職場での扱いと仕事量がオカシイので、転職を思いつき活動開始。しかしながら、ワタクシ今の職場までに9社経験しておりまして、記念すべき10回目の転職です。祝え讃えよ。もちろん相手にするエージェントもサイトもなく、メンタル低下。

気がついたら、Twitterにヨメと息子氏への遺書を書き残して、持ってた薬全部飲んでしまったらしく。(Twitterまでは記憶にあるけど、薬飲んでる途中から記憶ない。止められなかったのはヨメが買い物中だったかららしい)

……気がつくと、病院のベットの上で管いっぱい通されて身体拘束されてました。それも、素人目にも一般教室と違う設備。ICUか……。で、汚い話ですがトイレ行こうにも行けません。看護師さんに「動いたら危ない」と言われます。そう、おむつ着用だったのです。そりゃ、トイレ行かなくていいやw

気がついたのも、搬送された翌日だったらしく、入院書類には「意識不明瞭」とか怖い単語が並んでおりました。目も覚めて、何とか歩けるので、無事退院。全く記憶のない1泊2日を過ごしたのでありました。流石にもうやだ。

タイトルとURLをコピーしました